【割引クーポン・キャンペーン情報 随時更新中】詳しくはこちら

ナッシュのお弁当の温め方!さらに美味しく食べる3つのコツと注意点

本記事は、「ナッシュのお弁当の温め方」についてご紹介しています。

あなたは、今ナッシュが気になっているんですよね?
でも、このようなことで悩んでいますよね?

「美味しく食べる温め方はあるの?」
「温め方に注意しなくちゃいけなことはあるの?」

我が家でも、ナッシュを利用する前までは、あなたと同じような悩み抱えていました。

とし&ふうば

どうしたら美味しく食べることができる?
ナッシュの特徴を引き出すには?

我が家は、ナッシュだけで月に50食、冷凍弁当を月80食ほど、年間で1,000食を食べています。
体験してきたこと(現在進行中)で「あなたのお悩みを解決できるのではないか?」と思い、本記事を書きました。

ぜひ、ナッシュをお申込みされる際のご参考にしてください。

本記事をお読みいただくことで知ることができること!
  • 美味しく食べるための基本的な温め方
  • 電子レンジで温める際の注意点
  • さらに美味しく食べるためのテクニック
  • SNSの口コミから我が家で気づいたこと

\ナッシュの詳細・お申込みはこちら/

\最安値499円 初回300円OFF/

目次

ナッシュのお弁当の温め方と美味しく食べる3つのコツを紹介します

先に結論をお伝えしておきます。
ナッシュのお弁当の温め方は、電子レンジ調理のみです。

そのほか、自然解凍・冷蔵庫解凍・氷水解凍・流水解凍・揚げる・煮るなどの解凍はできません。

我が家で試してみた結果、ちょうどいい加熱時間を見つけました。

パーケージで表示されている加熱温度(500W or 600W)で、
パッケージで表示されている加熱時間よりも10秒少ない時間で温めてみてください。
その後、お好みで10秒づつ追加していくとより好みに近づきます。

パッケージで表示されている通りの加熱温度と加熱時間で十分美味しいと思えるのであれば、それに越したことはありません。

\ナッシュの詳細・お申込みはこちら/

\最安値499円 初回300円OFF/

【コツ1つ目】パッケ-ジに表示されている通りに温めてみる!

まずはカスタマイズせずにナッシュが定めた表示通りの加熱温度と加熱時間で温めてください

改良前の容器は、温め方に一工夫する必要がありました。
改良後の容器は、お弁当に表示されている通りのワット数で数分間温めるだけで、本来の美味しさに近づけるようになりました。

ナッシュの温め方には、500Wと600Wの2通りの「加熱温度」と加熱時間に応じた「加熱時間」があります。

電子レンジでの加熱温度と加熱時間の目安

下表は、加熱温度と加熱時間の目安になりますので、ご確認ください。
加熱温度と加熱時間の大まかな目安表

500Wの加熱時間
600Wの加熱時間
  • 4分30秒~6分30秒
  • 4分~6分

実際は、電子レンジの仕様によって同じ加熱温度や加熱時間でも若干の違いがあるようです。
違いがあったとしても、500Wよりも600Wは30秒~1分ほど短いあたため時間です

パッケージのワット数で温めないと以下のような失敗を引き起こす可能性があります。
電子レンジでよくある失敗例

温める時間が長い
温める時間が短い
  • 熱が通り過ぎて素材が固くなる。
  • 表面だけ温まり中側は冷たい。

【コツ2つ目】表示通りでダメなら「冷蔵庫解凍+あたため」は効果的!

表示通りで、好みの味に近づけなかった場合は、次の方法を試してください。

解凍ムラや解凍後に栄養成分が流れ出す状態のドリップを防ぐための解凍方法として自然解凍が1番効果があります。

自然解凍は季節に関係なく、その場にいなくてはなりません。
なぜなら、常温なので解凍後腐敗が始まるからです。

冷凍弁当の利用シーンは人それぞれです。
例えば、

  • 「夜遅くまで仕事をして帰宅した時」
  • 「忙しくて調理する暇もない」

といった人には自然解凍は不向きです。

そんなときは冷蔵庫解凍が便利です。

温める前に冷蔵庫で保管する

自然解凍よりはドリップや解凍後の水分を減らす効果は見込めませんが、温め解凍よりは数段効果が見込めるはずです。

例えば、出勤前や外出前に夕食分を冷凍庫から取り出し冷蔵庫に入れておくだけです。

注意点が3つほどあります。

  • 【注意点1】チルド室に入れないこと

    チルド室は、准冷凍庫なので、帰宅時解凍されていない場合があります。
    必ず冷蔵エリアに入れておくようにましょう。
  • 【注意点2】冷蔵解凍後は、パッケージに表示してある加熱時間はあてにならないということ

    冷蔵解凍後は、電子レンジの温め時間を500Wか600Wで30秒~1分以内にすると上手に温まると思います。

    ただし、いきなり温め時間を1分にするのはNGです。
    失敗をできるだけ避けたいので、温め時間を30秒ではじめ、お好みで10秒づつ追加すると美味しく食べれることができます。

冷蔵解凍は、ナッシュのメニュー全般に効果があります。
特に効果があるのは、ドリップが出やすい肉類や魚類が主菜のメニューです。

  • 【注意点3】主菜が野菜メインのメニューには冷凍庫解凍はむかない!

    もともと野菜には水分を非常に多く含んでいるので、ゆっくり解凍される冷蔵庫解凍は、より野菜の水分を発生させやすいです。

主菜が野菜がメインのメニューの一例

主菜が野菜メインのメニューの場合は、
冷凍庫から取り出し、電子レンジで通常通り温めるほうが上手にいきます。

【コツ3つ目】お皿に移すと見栄え味ともに外食並みに変化する!

冷蔵庫解凍でも物足りない!という方には最終手段で究極の方法を紹介します。
ただし、最終手段は少し手間と感じるかもしれません。
「美味しく食べたい」という気持ちは叶えられますし、手軽さを損なうといっても自炊よりかは手軽で時短なのは間違いありません。

最終手段で解決するのは、以下の2つです。

  • ベチャベチャ感の消失
  • 見栄えがよくなる

方法はシンプルで簡単です。
電子レンジで温めた後に、お皿に盛り付けるだけです。
完全に水分がなくなりベチャベチャ感がなくなりますし、見栄えがよくなります。

調理をすれば1時間以上かかる工程が、電子レンジで温めてから盛り付けるまで10分以内です。

お弁当の盛付け前と盛付け後の見栄えの違い

ふうば

ワンプレートもおしゃれですが、中皿や小鉢を用意して御膳風にするのもいいですね。

\ナッシュの詳細・お申込みはこちら/

\最安値499円 初回300円OFF/

電子レンジで温める時の3つの注意点

ナッシュの冷凍弁当は、冷凍庫からお弁当を取り出し電子レンジで温めるだけの時短メニューです。

ただし、電子レンジの温め方法は、コツや注意点を守らないと美味しく食べれないという欠点があります。時短ゆえの欠点だと思います。

【注意点1つ目】電子レンジの「自動あたため機能は使わない

とし

電子レンジで温める際の注意点をお伝えしていきます。

自動あたため機能は、
お弁当を電子レンジに置くとセンサーが働き温度と重量を計測した後加熱時間を自動計算してあたためてくれる優れた機能です。

自動あたため機能は使わない!

冷凍食品は、温度センサーが温度差をうまく計測できません。
例えば、「解凍ムラ」、「十分に解凍されていない」、「温まり過ぎて食べれたものじゃない」という失敗は、自動あたため機能が原因の場合がほとんどです。

自動あたため機能を使ったばかりにやり直したり我慢して食べたり、捨ててしまったりと無駄な手間を増やします。

せっかく、時短を狙って冷凍弁当を利用しているのに、無駄な手間を繰り返していては、利用している意味が全くないと思います。

美味しく食べるコツは、「手動」が大原則です。

【注意点2つ目】ターン式「外側に置く」フラット式「真ん中に置く」

現在家電で普及している電子レンジのタイプは、以下の2つのタイプがあります。

  • ターンテーブル式
  • フラット式
とし

電子レンジで温める場合、電子レンジ内のどこの位置に置くのが正しいのかご存じですか?

実は、電子レンジのタイプ別に置き方が違います。

ターン式とフラット式の置き方の一例

ターンテーブル式
フラット式

フラット式とターンテーブル式の置き方の違い

フラット式
ターンテーブル式
  • 真ん中
  • テーブルの外側

ターンテーブル式は、回転で熱伝導をしやすくしています。
お弁当を外側に置くことで、熱伝導が均等に行き渡り、お弁当全体に熱が伝わりやすくしています。

お弁当を正しい位置に置いて、ナッシュ本来の味を楽しみましょう。

【注意点3つ目】オーブンレンジに多い 700W あたためは絶対にNG

冷凍弁当を美味しく食べるための大原則は、「適温適時」で温めることです。

700Wは使用しない

700W以上の大容量の加熱温度が装備されている電子レンジのほとんどは、オーブンレンジで、冷凍のピザやパン・グラタン・ラザニアなどを焼き上げるための電子レンジです。

常温弁当ならともかく、冷凍弁当ではまず使わない加熱温度です。
ナッシュの弁当を食べるだけで時短は十分な役割を果たしていますので、500Wで温めるようにしましょう。

4分~5分も待てないときは、冷凍弁当をあたためている時間を有効活用してみてはどうですか?

とし

あたためている時間で「洗濯物を取り込む」「洗顔」「歯磨き」「スマホをいじる」などの時間に使ってみては?

冷凍弁当を温めている時間で終わらせれるものを終わらせてしまえば、あとはすべて自由な時間です。
このようなことも、ナッシュの冷凍弁当を利用していれば確保できます。

お急ぎの場合で、どうしても700Wを使いたい場合は、下表に目安時間を記載しておきましたので、参考にしてください。

600Wと700Wの加熱時間の目安

600Wの加熱時間
700Wの加熱時間
  • 5分~6分
  • 4分30秒~5分30秒
  • 600Wの-30秒が目安

食中毒の危険性 冷蔵庫解凍だけでは食べれません

ナッシュの冷凍弁当は、冷凍前の加熱処理をしていませんので「生」ではないものの「加熱処理」を加えなければ、食の安全性の問題になってしまいます。

「加熱していません」の意味

冷凍弁当は調理済なので加熱はちゃんとされています。
しかし、調理後にソースなどをかけるなどの加工を施しているため、調理後の加熱処理をしていませんという意味で「加熱していません」と記載されています。

食の安全性の問題とは、食中毒の危険性があるということです。
例えば、ノロウイルスやサルモネラ菌などです。

食中毒を引き起こす原因となるウイルスと菌の死滅温度

スクロールできます
ウイルス・菌の名前死滅温度
ノロウイルス90℃
サルモネラ55℃
黄色ブドウ球菌60℃
ビブリオ菌60℃
カンピロパクター115℃
ボツリヌス菌60℃
ウエルシュ菌100℃
食中毒の原因となるウイルスと菌の死滅温度
  • 参考:ニチレイ[こおらす] 「安全・安心な食の知識 家庭で発生しやすい食中毒菌と殺菌方法 「知る」ことで食中毒から身を守る」URL:https://www.nichirei.co.jp/

電子レンジはワットで表すので温度で計算することはできません。

ただ、油分が多い主菜が肉類メインのメニューであればおそらく120℃くらい、沸点の上限は100℃です。
食材内温度は、100℃~120℃程度にはなっていることが考えられます。
政府広報オンライン「食中毒予防の原則と6つのポイント」では、加熱処理を75℃以上1分で死滅するそうです。
電子レンジで加熱することで、食中毒の原因となるウイルスや菌を死滅させることが期待できますので安心ですね。

とし

正しい温め方で、美味しく食中毒の危険性も回避できるので、ナッシュは心強いですね。

冷蔵庫解凍は、あくまでも電子レンジで温める前の美味しく食べるためのコツです。
冷蔵庫解凍後は、必ず電子レンジであたためてください。

  • 参考:政府広報オンライン「食中毒予防の原則と6つのポイント」
    URL:https://www.gov-online.go.jp/featured/201106_02/index.html

\ナッシュの詳細・お申込みはこちら/

\最安値499円 初回300円OFF/

ナッシュの水分に関する口コミから思うこと!

よくナッシュは「水っぽい」「ベチャベチャ」などのクチコミを見かけます。
例えば、こんな口コミです。

我が家では、ナッシュを月50食ほど食べています。
我が家で、ナッシュを食べて試してみて結果感じたことをお伝えしていきます。

ナッシュは水っぽいと感じるメニューもあるのは確かです。
ただ、特別ナッシュだけでのことではなく冷凍食品全般に言えることです。

とし

ナッシュは、解凍後に出る冷凍弁当の欠点を生かしているのではないか?と感じています。

どうしてか?
ナッシュの冷凍弁当の主菜(メインプレート)を食べた時に、かなり味付けが濃いと感じました。
味の薄い濃いは好みによるもので、なんとも言えませんが我が家では味が濃いと感じて食べています。

そこで、主菜をよくかき混ぜて食べてみました。
かき混ぜることで、水分が主菜に吸収されて味が均等になったのです。
そこからは、注文したメニューすべてを試したところ、同じ結果でした。

おそらくナッシュは解凍後の水分がでることを見越して味つけしているのでは?と強く感じるようになりました。
混ぜ合わせて食べても、なお味が濃いと感じるメニューばかりです。

ナッシュのお弁当は、「ベチャベチャ」しているのではありません。
電子レンジで温めたときに発生する水分を想定した味付けです。

ナッシュの味に関することについは、コチラの記事でより詳しく紹介していますので、ぜひ一度お読みになられて下さい。

\ナッシュの詳細・お申込みはこちら/

\最安値499円 初回300円OFF/

電子レンジの温め方や工夫次第で、ナッシュは外食並みの味を実現できる!ぜひ、あなたも試してみてください!

いかがでしたか?

最後に、もう一度本記事の内容をまとめてお伝えしますね。
ぜひ、ナッシュをお申し込みされる際の参考にしてください。

ナッシュのお弁当を温める時は、
原則500Wでパッケージに記載されている通りの温め時間で温めることで美味しく食べることができます。

我が家では、月50食を食べているので、試してみた結果
500W or 600Wで、パッケージで表示されている加熱時間よりも10秒少ない時間で温めるとより美味しく食べることができます!

もし好みの味にならない場合は、お好みで10秒づつ追加していくとより好みに近づきますので、ぜひ試してみてください。

お急ぎであれば、600Wで温めると500Wよりも30秒~1分ほど短いあたため時間になりますが、失敗するリスクが高まります。

ドリップを減らす効果として自然解凍は効果的です。
しかし、解凍されるまでその場にいなくてはならないというデメリットがあるので、冷蔵庫解凍のほうが効率はいいです。
冷蔵庫で解凍した後に、電子レンジで温めるとドリップを防ぐことができますし、温める時間が1分前後に短縮できます!

また、温まる時は、お使いの電子レンジがターン式の場合はお弁当を外側に、フラット式の場合はお弁当を中央に置いてください。

最後に、

とし

自信を持ってお伝えできることがあります!

ナッシュは、工夫次第で外食並み、それ以上の味を実現できます。
あなたもぜひ、ナッシュを利用してみて、本記事のように温め方の工夫をしてみてください!

全メニュー糖質30g以下
最安値499円 初回300円OFF

ナッシュのお申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓

とし

「ナッシュのメリット」をお伝えしますね。

【nosh-ナッシュのメリット】

  1. 全メニュー「60種類」糖質30g以下でダイエット向き
    栄養バランスを管理栄養士が監修
  2. 頼めば頼むほどお得に!
    最大ランクで業界最安値の「1食499円」
  3. 友だち紹介で「3,000円オフ」
    そのほかお得な割引・クーポンも定期的に配布
  4. いつでもどこでも手軽に「スマホひとつで」追加/変更が完結
    解約簡単/一時利用停止が簡単/配送スキップが簡単
  5. ナッシュは「20食が1番お得」送料込の料金が他社を圧倒
  6. おまかせ定期便で「メニューを自動選択」
    忙しい人に/メニュー選びが面倒な人に/メニュー選びで迷ってしまう人に!
  7. たった5分でレンジでチンするだけの「時短」料理
  8. 食材フィルタ機能で「苦手な食材」を自動的に除外
  9. 彩りよくレストランの味に匹敵
    「和・洋・中」の一流のシェフたちが調理を担当
  10. ナッシュの塩分量は全メニューで「平均2.3g」
    牛肉メニュー2.3g/豚肉メニュー2.1g/鶏肉2.4g/魚メニュー2.3g
とし

ナッシュは、多くのメリットがあります。
スマホ一つでいつで気軽に解約できますので、
まずは気軽に始めてみるのはいかがでしょう。

全メニュー糖質30g以下
最安値499円 初回300円OFF

ナッシュのお申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓

とし

最後まで、お読み下さいましてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次